2008 FIA 世界ツーリングカー選手権[WTCC]

WTCC

 2008 FIA 世界ツーリングカー選手権[WTCC]
 大阪のポルシェのクラブ911メンバーレポート

 WTCCレース オブ ジャパン 第21戦&第22戦
 開催日 予選:10月25日(土) 決勝:26日(日)
 開催地 岡山国際サーキット
 参加台数 31台 決勝 14周

排気量2000ccで4ドアータイプ2輪駆動の競技車両で行われる世界ツーリングカー選手(WTCC)が 岡山国際サーキットで開催されました。(フォーミュラV6アジアとシビックチャレンジカップの最終戦やドリフトのイベントが同時開催)

雨空の中 3万人の観衆が国内で始めて開催されたWTCCの白熱したバトルに熱い声援を送っていました。

海外ではスタートから激しいレースが行われるのですが 小雨の中の第1ヒートはローリングスタートで始まり次のレースに備えてか無難に終了しました。
すこし雨のあがった第2ヒートでは 第1ヒートの上位8位がリバースグリッドからスタンディングスタート!レインからスリックタイヤに履き替えた競技車がドリフト?しながらコーナーをみごとに駆け抜けて行く様は、さすが元F1ドライバーや数々の戦歴のレーサーたちが参加していることもあって終始感動ものでしたね!
(元F1ドライバーのザナルディ氏はレース中のクラッシュで両足を切断し 義足をつけてレースに復活!)

なかには ヘアピンでSEATとBMWが接触してSEATは動けずリタイア BMWは片側前輪部分が無い状態で5コーナーからWヘアピンを走行してピットに戻っていく場面が(ふつうはその場でリタイアなのに)

レース結果は 第1ヒートがBMW 第2ヒートは高トルクのSEATディーゼルパワーを抑えてガソリンエンジンのSEATが優勝し BMWが2位に入賞しました。

同時開催のフォーミュラーV6アジアは F1ドライバーを目指す19才のジェームス・グルンウェルを抑えて ランキングチャンピオンのアーマーン・エブラヒムが優勝し 最終ラウンドのシビックチャレンジカップではTamTamシビックが優勝してシリーズチャンピオンに輝きました。

国内レースと違って WTCCはレースクイーンがいなくて グリッドガールが同じユニフォーム 同じポーズで競技車の横に整列していたり ピットウォークではドライバーが気さくに握手をしたりサインをしたりして身近に感じることができましたね!

駆け引きなどしない 戦闘的なWTCCは国内レースにない魅了があります。

是非 次回の開催を期待しましょう!(今回で最後かな)



 by kurenai | 2008-10-26 | PHOTO/SONY-DSC-T70 
 

2008 FIA 世界ツーリングカー選手権[WTCC]のイメージギャラリー

ページトップへ